あなたの足のお悩みは?

タコ・ウオノメ編


タコやウオノメの原因

足の特定の部分に衝撃が罹り続けることによって、負担のかかっている皮膚を守ろうとして皮膚が厚くなっていきます。

角質はその厚くなった皮膚の細胞が死んだカスのことです。

タコはそのカスが溜まり頑固に固まったもので、ウオノメはその角質層に芯ができてしまったものです。


タコやウオノメが出来る原因として、

1.アーチの崩れがあるままの足やクッション性のない靴で、硬いアスファルトなどの足にとって過酷な環境で歩き続けることによってできる。

2.歩行の歪みにより、足のある部分に過剰な負担がかかっている。

3.フィッティングの悪い靴を履き続けることにより、足の部分的な箇所に負担がかかっている。

4.ヒールの高い靴で横アーチが低下し、前足部に過剰な負担がかかっている。

といった様々な原因が考えられます。

削って綺麗になってもその場しのぎ、再発します!

タコやウオノメは削って綺麗になればそれで十分でしょうか?

一時的には綺麗になりますが、時間の経過と共に同じ場所に再発します。

削ることは対症療法でしかなく、根本原因を取り除かないとまたできてしまいます。

削ったことにより、皮膚は自らを守ろうと角質層が厚くなってしまいます。

また、削り過ぎて傷つけたり、傷から細菌が入ったりと、皮膚が炎症を起こし新たな問題が発生します。

削るなどの対症療法よりも根本原因を取り除く方法をお薦めします。


根本原因から対処する自然療法でタコ・ウオノメをケア♪

自然療法フットケアで解決!

「足」「靴」「歩行」をトータルに見直す自然療法フットケアで、足の部分的な箇所に過剰にかかっている負担を取り除きます。

 

1.硬いふくらはぎをやわらかくほぐし足の動きを良くするマッサージレッグアロマトリートメント

むくんで硬いふくらはぎを東洋式のしっかりめの圧で徹底的にほぐします。

また、膀胱系経絡も刺激しますので、老廃物の排出に優れたマッサージです。

施術後の足は驚くほどほっそり軽く柔らかくなり、血行も良くなるので冷えも改善されます。


2.アーチの崩れた足を人工的にサポート横アーチテーピング


3.自分の足の弱点を補強して歩行を安定化させるために靴の見直しをシューズセラピー

縦・横のアーチの崩れを人工的にサポート、足の部分的に負担がかかっている箇所に衝撃がかからないよう保護、靴に足がフィットするよう、靴にインソールを入れて調整します。

 

4.ゆがみのない安定した歩行レッスンウォーキングセラピー

立ち姿勢の見直しをし、安定した歪みのない歩行を目指し、練習します。

 

→詳しくは下記の自然療法フットケアメニューをごらんください。