あなたの足のお悩みは?

膝痛・腰痛編


膝痛・腰痛の症状

膝痛の中で最も多いのが「変形性膝関節症」です。

膝は上下の骨が縦に繋がっている部位で、骨と骨が直接当たると痛むので、骨と骨の間にある軟骨がクッション的な役割を果たしています。

 

ところが、このクッション的な役割を果たしている軟骨が様々な原因ですり減ってくると、骨同士がぶつかることで痛みが生じるようになったり、ガクガクしたり、O脚を伴うなど、見た目にも歩行にも支障が出てきます。

 

腰痛の場合、原因は様々ですが、足元から生じる腰痛の症状として、腰全体が重だるい、股関節の固さ、骨盤のずれ、O脚を伴う等があります。

整体に通うなどの対症療法がありますが、腰痛になる習慣や根本原因を改善しない限り、施術後日数の経過とともに元の痛みのある状態に戻ってしまいます。

 

 

膝痛・腰痛の根本原因とは?

サロンで改善できる膝痛・腰痛の主な原因は、「偏平足・開張足」、「足の疲労・コリ」、「構造上悪い靴」から「不安定な歩行・歩行の歪み」によって起こります。

 

膝痛の場合、知らず知らずのうちに少しずつ変形してきたもので、若い頃はその変形に気付かず、何十年経ったのち変形が進み激痛が走るようになります。「歩行に自信のない方」、「足に合わない靴を履いている方」、「膝がつかない方」、「膝がぎくしゃくする方」は、外反母趾と同様、将来進行させないために、日常の「足・靴・歩行」の見直しをし、早め早めの対策をすることをおすすめいたします。

 

腰痛の場合、内臓からくるもの、心因性のものなどがありますが、足元から生じる腰痛も多くあります。

足元から生じる腰痛の場合、足から腰への負担が原因となっています。

「体の外側に重心が抜ける歩行」、「足のサイズの左右差」、「脚の長さの左右差」、「足のコリの左右差」、「股関節周りの柔軟性」など、腰のアンバランスがから腰に負担がきています。

 

膝痛・腰痛のどちらも、対症療法ばかりに頼っていては根本的な解決にはつながらず、治療を継続しなければならないことになります。

 

 

 

自然療法フットケアでの膝痛・腰痛改善策とは?

歪んだ歩行になる原因を排除していくことが大切です!

不安定な歩行の原因となる「足」「靴」の見直しも合わせて必要です!

 

自然療法フットケアによる改善法 

 

1.硬くなった足を柔らかくほぐし、足全体の動きを良くするトリートメントフルレッグアロマトリートメント

2.硬くなった股関節周りをほぐし、骨盤を正しい位置に戻すストレッチ→骨盤股関節スリミングケア

3.縦・横の崩れたアーチをインソールを入れた靴で人工的に作成、足裏の過重バランスにより負担がかかっている箇所に衝撃吸収材を入れる、歩行の体重移動からくる体に対する負担を歩行矯正パッドで改善するシューズセラピー

 4.横アーチをテーピングで人工的に作成し、足の趾を使えるようにサポート足裏バランステーピング

 5.不安定で歪みのある歩行を矯正し、正しいフォームで日常歩行できるようにするウォーキングセラピー

 

 以上のような改善方法を日常的に継続的に進めると、足からくる膝や腰への過度な負担を抑え、それまでの痛みや不快感を軽減し、進行を抑えることができます。

 

膝や腰の痛みを軽減できるだけでなく、正しいフォームでの歩行を継続することは、体の生理的機能を高めるウォーキングができるようになります。生理的ウォーキングを続けると、血液循環が良くなり、免疫力の向上や内臓脂肪の燃焼で代謝を高め、年齢を重ねても健康的で美しい体を維持することができます。

 

 →詳しくは下記の自然療法フットケアメニューをごらんください。